女の花道

女性よ美しくあれ!

第六感

こんにちは。


今日は雲の多いお天気です☁️

実はこんな日の方が、完全に雨の日より体調は悪くなります。

雨よりも、雨が降る前。

台風よりも台風が来る前。

これは以前に書いた、気圧の関係ですが…。

そろそろお日様が見たいものです。

今日も、みなさまの心にはお日様が見えていますように。。。




みなさまは、ご自分の『第六感』大切にされていますか?


第六感…人間の五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)以外の、あるいはそれを超えるもの。

理屈では説明のつかない、鋭く本質を掴む心の働き。

インスピレーション、勘、直感、予知、霊感、虫の知らせなど。



「鳥類は網膜で捉える磁気感覚に頼って移動する」という説が、物理学者であるクラウス・シュルテン氏により報告されています。

この磁気感覚はクリプトクロムという特殊なタンパク質により得られるらしく、このタンパク質が第6番目の感覚のカギだそうです。

このクリプトクロムは人間の網膜にもあることから、人間にも科学的に第六感が備わっていることになります。




わたしも日常の中でも、この第六感を頼りに生きているところが多々あります。

例えば、仕事の時に患者さんの身体を拭いたり、更衣をするふとした瞬間に異変に気付くことがあります。

ふと手に触れた体温だったりもしますが、気温や自分の体温でも感じ方は変わってきます。

それでも、「あ、発熱があるね」とか「あ、◯◯度あるね」まで分かり、実際に測るとピッタリだったり。


またある時は、バタバタと廊下を歩いていてふとその居室の前を通った瞬間、「あれ!?!?」という感覚。

伺うと急変していたり。

それで命を救えたこともあります。


言語障害を持っている患者さんの会話も普通に理解ができたり。

言語障害があり、周りに伝えたいことを理解してもらえず暴言暴力を振るってしまう高齢の男性患者さんですが、わたしは普通に通じるからと、よく指名して呼ばれたりしました。笑

周りは「なんでわかるの!?!?」とビックリされていましたが、わたしは「なんでわからないの!?!?」という感じでした。笑

それも凄いとかでなく、単に第六感的なものだと思います。



買い物ひとつでも。

「あ、これ買おう!」みたいなインスピレーション。みなさまもあると思います。

その感覚で買い物もするので、後悔することも皆無です。

その選択は、ネットなど画面で見るより、実際に手にできる時の方が、感覚的にピンときます。

服や小物だけでなく、車や家などの大きな買い物の時もその感覚で決めます。笑


きっと人生の岐路に立つときの選択も、この感覚で選択してきている気がしじす。




『女の勘』という言葉があるように、男性より女性の方が第六感は優れていると言われています。

それは医学的に言うと、男性より女性の方が右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太いことや、言語を司るウェルニッケ野が発達していることがあげられます。


また、女性は力が弱いぶん危険を察知するように感覚が優れていたり。

子供を産み育てるうえで、必要不可欠な感覚だからです。



おかげでわたしも育児もその感覚で救われたこともあります。

夫や子供に何か異変がある時は、「なんかあった?」と離れていても気付くことがありました。

勿論、悪いことをした時もです。笑

夫からすると怖い嫁だと思いますが…笑



第六感は、自然の中で、風の音を聞いたり、生き物に触れたり、空の変化を見たりすると研ぎ澄まされるそうです。

沖縄のユタも、風の声が聴こえると言う方もいらっしゃいます。

それも第六感が研ぎ澄まされているからだと思います。

そういえば、わたしも自然豊かな場所で育ちました。

子供の頃からずっと、風の匂いや空の色、鳥や虫の声を聞きながら、動物たちとともに過ごしてきました🌺

それは多忙な今でも同じです。

それらはわたしの生きがいでもありますが、第六感にとってもよかったのかもしれません。

これからも日常の中のそんな少しの時間や、心の余裕は常に持ち続けたいです。



便利な世の中になり、デジタル化、ワンクリックで物事が解決するようなシステムでは、どうしてもこの感覚に頼る場面が少なくなるのではないでしょうか?

テレビやゲーム機、パソコン、携帯電話などは五感を甘くしてしまいます💻


逆に五感を鍛えることで、第六感を強めることができるそうです。




男性も女性も。

一度や二度、この第六感の経験はあることでしょう。


みなさまも今一度、ご自分の感覚を大切にしてみてください。

感覚で選択したことは、きっと瞬間的に自分にベストなものを選んでいるはずです。

その感覚を信じて、全うしてくださいね。

きっといい未来が開けることと思います✨


忙しい毎日でも、ほんの少し自然を感じてみましょう。

雨やお日様の香り、風の音、鳥の声、夕暮れにピンク色に染まる空や、月の明かり。

地球上には、誰にも平等に素敵なものがあちこちに広がっていますもの🌠





では、また。

今日もみなさまの1日がベストなものでありますように。。。


地球上に愛が溢れますように。。。

フェロモンを纏う

おはようございます☔️



今日も1日、引き続き雨予報です。

湿度も高く、過ごしにくい日になりそうです。

みなさまも体調には、くれぐれもご留意くださいね🍃



こんな湿度の高い日は、香りもこもり強くなりますね。

色々なところで色々な香りが交わっています。

なので香水の付け方、分量にも配慮しています。


みなさまは香水を身に付けていらっしゃいますか?

どんな香水でしょうか?



香水、アロマ、シャンプーや石けんの香り、洗剤や柔軟剤、あとは自然の花の香りや木々の香りも。

どんな香りでも、自分の好きな香り、いい香りというものは、心を癒してくれます。


柔軟剤も色々な香りが出ていますね。

香水は苦手な方も、香りを身につけやすくなりました👗



わたしは職業柄もあるのか、五感がとても過敏です…。

思い出すと、職業柄というより持って生まれたものかもしれません。

香りについても、幼い頃の祖父の香り、祖母のお化粧品の香り、台所の香りなど今でも覚えています。

また、かつて別れた男性の香りも…。笑




また、香りというものは画像としてもイメージに残ります。

その香りを感じたその時のことまで思い出すことができます。


そのこともあり、わたしは自分の中でひとつのルールがあります。

それは"男を変えたら香水も変える"です。

どんなお気に入りの香水でも。

たとえ短期間でも。

必ず変えるようにしてきました。

"男を変える"といえば、何となく聞こえ方が悪い気もしますが…笑


変えないと、その時のことを思い出すので。

それは未練があるとかでもなく。

女性は基本的に情はかけても、未練は持ちません。

なんというか…次に進むためと言うか。

新しい彼氏への礼儀でもあります。



今でも、昔お付き合いした男性の名前は思い出せなくても、その時身につけていた香水は覚えています。

その彼が身に付けていた香りも。

その香りをふとどこかで嗅ぐと、その時代のことも自然に蘇ります。


みなさまもそんな経験があるのではないでしょうか?




香水の魅力は、付ける人によって変わるところだとわたしは思います。


香水は付けてみないと、瓶そのものからでは香りがわかりません。

つけた人の体臭、体の匂いそのものやシャンプーやボディーソープ、洗剤や家の香りなどと混ざり、その香りを演出します。

また、その人その人の肌の酸性度(pH)や水分量、皮脂量、皮膚を構成するタンパク質の違いでも、変わってくると言われています。

なので、まさに香水そのものは同じものでも、『その人だけの香り』なのです✨




香りの変化も主に3段階に分かれています。


トップノート…香水をつけて10分くらいの香り

ミドルノート…20〜30分くらいの香り

ラストノート…時間がたち、消えてしまうまでの香り



わたしは、柔軟剤やルームフレグランスも同じ感じの香りで揃えるようにしています。

せっかくのいい香りが喧嘩をするといけないので。

ルームフレグランスなどを選ぶときは、ミドル、ラストを揃えるとだいたい喧嘩をしなくて済みます。




また、わたしが今使用しているのはオード・パルファンですが、同じテイストの香りで少し軽めのコロンやトワレも持ち、TPOによって使い分けています。

分類ですが、主にアルコール量で分かれています。


パルファン…濃度15-20%、アルコール75-80%、持続時間およそ5-7H

オードパルファン…濃度10-15%、アルコール80%、5H

オーデトワレ…濃度5-10%、アルコール80%、3-4H

オーデコロン…濃度2-5%、アルコール90%↑、1-2H



みなさまも香水を選ぶ時のご参考にされてみてはいかがでしょうか?🌹



香水は"身に付ける"とよく言いますね。

その通りだと思います。

服を身に付けるように、香水を見に纏う。

だから、眠る時もナイティやランジェリーとともに香水も身に付けます👗



巷では、フェロモン香水というのもありますね。

わたしが医学的考えるには、フェロモン香水などはあり得ません。笑

なぜなら、フェロモンは同種他個体に作用すると言われており、ムスクなど動物系の香りでもヒトには効果はないからです。

しかしランジェリーと同じように、丁寧に選び丁寧につけられた香水は、その女性をひときわ美しく飾るはずです。

いい香りを自分も感じることにより、気分の高揚もあり、それによりホルモンはupすると思います。

ホルモンはフェロモンと違い、他人に作用することはありませんが、その美しく飾った姿は、他人から見てもわかるのではないでしょうか?

あとはいい香りによる気分の安定効果も。



男性も女性も、ぜひとっておきの"自分だけの香り"を纏って素敵な時間をお過ごしください🌹




✨香水をつけない女に 未来はない

Coco Chanel✨




では、また。

今日も地球上に愛が溢れますように。。。

魔法の丈

こんにちは☔️



こちらは昨日に引き続き、冷たい雨が降っています。

どうせなら楽しく過ごしたいので、今日は合間で雨の海を眺めてきます🌊

雨の日の海は、憂いに満ちていて嫌いではないです。

みなさまもお天気の悪い日は、素敵な傘を持ったり、お気に入りの防寒グッズを身につけたり、雨雲の合間で覗くお日様を見つけたり。

雨の日の楽しみを見つけて下さいね🌂




何時も、様々なファッションが流行っては次から次に移り変わっています。

今シーズンもミディ丈のスカートやワンピース、チェック柄や、ニット、ファーも流行っていますね。

わたしも、ミーハーにひと通りいつもチェックしています。笑


歳を重ねるとともに、お洒落をすることが更に楽に、楽しくなってきました。

それは、自分の好きなものが確立されているからだと思います👗

それとともに自分に似合うスタイルを分かっているからです👗


好きなカラー、デザイン、素材、サイズや丈など。。。



その自分に似合う、自分の中のベーシックスタイルに、ほんの少し流行りを取り入れるようにしています。




街を歩いている女性達のファッションを見て、ふと思ったことがありました👀


ミニにショート、ミディやミモレやロングやマキシ…色々な丈が流行ります。

アウターやトップスも。ボトムではスカートやパンツ、ワンピースも。

流行りの丈がありますね👚👖👗



買ったばかりのお気に入りのお洋服で、流行りに身を包むのは心もトキメキますよね✨

でも、自分の体型やイメージに似合っている丈やサイズを着こなせている方は意外に少ないように思います。



たとえば…ワンピースやスカートでは、同じ長さでも、その人のスタイルによって丈も変わってきます。

タイトシルエット、ルーズシルエットでもまた変わってきます。

自分の体型、バストの大きさ、腰骨の位置、太ももの太さ、膝下の長さなど。。。


同じ流行りの素敵なお洋服でも、丈によって野暮ったく見えたり、スタイル悪く見えてしまうこともあります。

自分のスタイルを理解すれば、自分が1番綺麗に見える着こなしができます✨




ちなみに、私は身長161㎝。

体重は…一応女性なので、伏せさせて頂きます。笑

体型はどちらかといえば細身です。

そんなわたしは、例えば…フレアワンピースならベストな膝丈は95㎝、タイトなワンピースでの膝丈は97〜100㎝。

ミニスカートは33㎝、膝丈タイトスカートは60㎝、マキシワンピースは135㎝、ミディワンピースは110〜113㎝…などです。

これは常に頭で覚えています。


10年ほど前に、まさに仕立てたようなサイズ感!!!という運命的なブランドに出会うことができました。

デザインもとても好みで、素敵なものでした。

そんな運命的なお洋服ばかりだといいですが、他の色々なメーカーのものも買います。

そんな時、既製品でも着丈や袖丈、肩幅などを必ず見るようにしています。

やはり、とくに重要なのは着丈ですね。

サイズは、ファッションによってオーバーサイズを着たり、タイトなものを着たりするので。


自分にベストな着丈を着れば、プチプラなものでも、ハイブランドでも。

必ずスタイルも良く見え、何よりお洋服に"着られている感"なく、素敵に着こなすことができます。




ぜひ、みなさまも自分のスタイルをいま一度鏡で見て、自分にベストな『魔法の丈』を見つけて下さいね👗✨


きっと同じ服も、一段と素敵に着こなせると思います✨


娘がうちのレディに買ってきてくれた、ベレー帽…👒

被せ方もだけど、なんか…違うような…笑

唐の歴史の人みたいな…笑

別の意味、馬子にも衣装ですね。笑

どんぐりみたいで可愛いからいいです。



では、また。

今日もみなさまにとって幸多き1日でありますように。。。

地球上に愛が溢れますように。。。