女の花道

女性よ美しくあれ!

たんぱく質の夢

こんばんは❄️


今日は全国的に冷え込んだようですね。

わたしの住む街も風もあり、とても寒い1日でした。

みなさまもお風邪などご留意くださいね。



昨日は心療内科の定期受診でした。

こちらのクリニックでは、持病の合併症と、以前書いたオーソモレキュラーの治療をして頂いています。


オーソモレキュラーはいわゆる体質改善です。

血液検査の結果から診断してくれるのですが、わたしはたんぱく質とビタミン不足とのことで…。

それまでも気をつけて摂取はしていたのですが、健康維持とはまた違った見方で、体質改善には不足しているということでした。

病気の治療→根本治療=体質改善です✨


その診断から体質改善のための治療食を始めましたが、なかなか大変です。

その内容というのが、食事の他にサプリメント、点滴でビタミン補給。

たんぱく質に関しては、推奨量の50g。


基本となる、アメリカのオーソモレキュラーの高たんぱく質食の内容は、

1日に卵3個、チーズひと箱、赤身ステーキ400g、牛乳コップ約2杯

を摂りましょうという推奨です🧀🍖🥛


卵3個…チーズひと箱…ステーキ…と、日本人としてはかなり多い量に思われますよね…。

わたしも、初めはびっくりしました。笑


50gといっても、食品に含まれる量なので、食品として考えるとかなりの量を1日で食べないといけません。


例えば、同じ200gのステーキでもたんぱく質・脂肪の含有量は違います🍖

赤身のヒレ肉200gでも含まれるたんぱく質は約40gしかありません。

焼けば焼くほど、少なくなります。


卵(ゆで卵)…約7.0g/個

チーズ(プロセスチーズ)…約22g/100g

牛乳…約7g/200ml


アスリート並みのたんぱく質量です…笑


この食事療法を約1年続けていますが、1日のトータルが、推奨量に届かない日もあります。

そんな時はプロテインで補ったり、おやつに高たんぱくなものを摂るようにしています。


毎回受診の度に、ドクターから「たんぱく質!たんぱく質!!!」と言われて…。

「たんぱく質の夢を見そうです…」と言いました。笑



ステーキばかり、毎日食べるのはキツいので…。

そうなると大切なのが"良質なたんぱく質をとる"ことです。

良質なたんぱく質=『アミノ酸スコア』が高いもの。


アミノ酸はたんぱく質を構成する成分で、全部で20種類あります。

このうち体内で必要量を合成できない9種類(成人は8種類)を必須アミノ酸といい、食事でとる必要があります。

ロイシン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、メチオニン、トレオニン、バリン、トリプトファン、ヒスチジンの9種類。成長期の子供では、これにアルギニンが加わります。


この必須アミノ酸を理想的な割合で含むものを100とし、それぞれの食品の必須アミノ酸の充足度を表したものがアミノ酸スコアです。

。アミノ酸スコアが100に近いほど、体内で効率よく使われるため、良質なたんぱく質と言えます。


アミノ酸スコア100の食べ物でいえば、以前書いたスーパーフードのチーズもです。

その他、牛乳、卵、ヨーグルト、鶏肉、豚肉、鳥レバー、アジ、カツオ、イワシ、鮭、大豆などです🐟



また、かつて「糖質だけでなくタンパク質や脂質も、血糖値を上げる」という認識がありました。

これも『昨日の常識は今日の非常識』のひとつで、実は科学的根拠のないものでした。

その後、アメリカでの生理学的な研究により、食事のタンパク質や脂質は直接に血糖値を上げないことが確認されました。

血糖値が気になる方も、ぜひたんぱく質をしっかり摂ってくださいね。



たんぱく質は=筋肉というイメージがありますが、筋肉だけでなく様々な効果があります。

⚪︎臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪、爪などの材料となる

⚪︎ペプチドホルモンや神経伝達物質を構成

⚪︎免疫機能を高める

⚪︎酵素(消化酵素など)を構成する


また、不足すると筋肉量の減少、髪や肌のトラブル、集中力・思考力の低下など、心身の様々な不調が起こります。


ドクターも「たんぱく質をたくさん摂っていると、何十年後に大きな差がでるよ。元気な高齢者はだいたいみんなちゃんとたんぱくを摂っている。」と。

またアンチエイジングに関しても太鼓判を押していました💯



基本的に日本人は世界的に見ても、たんぱく質不足だそうです。

ぜひみなさまも、良質のたんぱく質を、毎日の食事の中で摂ってくださいね🍖✨



✨美しい身体とこころ=健康な身体とこころ=強い身体とこころ✨




では、また。


今日もみなさまが素敵な夢を見れますように。。。

地球上に愛が溢れますように。。。

☆good night☆

美しい身体とこころ

こんにちは☀️



今日は雲の多いお天気ですが、雲の合間にお日様も見えています。

久しぶりに、日光を浴びれそうです。

みなさまも朝夕の気温差にご注意くださいね❄️





わたしが色々ここで、身体とこころにいい食事や、魅力あるスーパーフードについて呟かせて頂いています🍒



どの食べ物にも、様々な効果効能があり、どの食べ物も様々な恩恵が詰まっています。

"色々な食品をバランスよく♪"が基本ですが、それプラス

"色々な食品を美味しく"

も大切なことだと思います。


この豊かに見える日本の現代でも、老若男女、大なり小なり、身体の不調やこころの不調を抱えていることと思います。

また、身体もこころも健康に過ごしたいと思うのは、どの世代でも持っている『人間の欲求』のひとつです。


わたしも仕事を含め、家族の介護・看護や育児、自分の病気などの経験を通し、身体とこころの健康には食事が大切だと痛感しています。

勿論、外科的な手術などが絶対的に必要なこともありますが、それ以外の身体とこころの不調は体質改善をすることにより良くなることが多いと思います。

それに必要なのは、やはり食事です。



健康ブームも加わり、情報の溢れるこの世の中です。

自然とどの方も健康について情報を得たり、考えたりして毎日を過ごしているのでしょう。

「これは〇〇にいい」とか「これをしたら身体にいい」だけでなく、「これをしたら身体に悪い」とか「これを食べたら〇〇に悪い」なども自然と頭に入っていることと思います。

すると、どうしてもその悪い〇〇を食べる時なんかは、少なからず罪悪感に囚われることもあるかもしれません。

ダイエットや生活習慣病などがいい例です。

「これを食べると、カロリーが…」「これを食べるとコレステロールが…」などなど…。

この意識も大切なのですが、そのほんの少しのストレスも毎日積み重ねになると大きなストレスになると思います。



わたし自身、(職業病かもしれませんが…笑)"これは、こうだから、こう"という、根拠が欲しくて。

医療で言うなら、確立されたエビデンスです。

納得して出来ることは、必ず結果につながります。

なので、なるべく

「これは何に良いのか?」「どうして良いのか?」

も書き記したいと思っています。

そこでどの食べ物にも、ちゃんと効果効能があり魅力あることを理解し、美味しく召し上がって頂けたらと願っています。



また、マイルドドラッグと言われる白砂糖も。

とても美味しいですよね🍭

わたしも、マイルドドラッグのたっぷりかかったドーナツも大好きです🍩❣️笑

身体に悪いものって基本的に美味しいですから。笑

マイルドドラッグだからこそ、食べている時は幸せになります♪

幸せになれたら、それはそれでいいんじゃないかなと思うのです。

どれだけ好きでもエルビスみたいに、365日食べ続けることは出来ないですしね🍩


罪悪感やストレスを持たず、美味しく食べれたら、それは必ずこころの栄養になっているはずですから✨


それら全てを含め「これは〇〇に悪い」は、あえてここでは書きたくありません。笑




みなさまも美味しいものを沢山召し上がって、健康な身体とこころを維持してくださいね。



✨美しい身体とこころ=健康な身体とこころ✨




では、また。

今日もみなさまにとって幸多き1日でありますように。。。

地球上に愛が溢れますように。。。

コーヒーの魅力

こんばんは🌛


今日もあいにくのお天気で、今夜も星空はお預けです。

だからこそ、次の星空がなお楽しみになりますね💫


みなさまのところには素敵な星空が広がりますように。。。




今日は息子と2人でカフェに寄ってきました☕️

はじめはお誕生日用のケーキを買って帰ろうと、息子がリサーチしていた新しい洋菓子店に行ったのですが閉まっていました…。

それならと、eat-inで食べて帰ることに。



わたしは一年中ホットコーヒー派で。

外で飲むのはコンビニエンスストアのドリップコーヒーか、マクドナルドのコーヒー持ち帰りか。

それか家でコーヒーを淹れて、コーヒーカップのまま車に持ち込み、海や山で『100円カフェ♪』をするのが常です。笑


でも、久々に外でお店で飲むコーヒーも美味しかったです☕️

コーヒー単品は¥400。

ケーキセットなら込みの¥750でした。

カフェでこのお値段なら、良心的です。

雰囲気も店員さんもいいお店で、

「"場所代"ってやっぱり意味があるよね〜♪」

と、話しをしながら心地いい時間を過ごせました💐





コーヒーの効果効能もとても沢山ありますね☕️

その中からいくつかご紹介したいと思います。

⚪︎ダイエット…ポリフェノールには脂肪燃焼効果があります。

カフェインにはリパーゼという酵素の活性化効果があり、脂肪を分解してくれます。

⚪︎糖尿病予防…クロロゲン酸が血糖値を下げる効果があります。

=動脈硬化などのリスクも下げてくれます。

⚪︎アンチエイジング…クロロゲン酸のポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。

また吸収率も良いため、高い効果を期待できます。

抗酸化=がん予防、免疫力アップにも

⚪︎免疫力アップ…コーヒーの香気成分には腸管免疫を活性化させる働きがあります。=風の予防、アレルギー症状の緩和など。

⚪︎消化不良の改善…消化液の分泌を促進し、胃もたれ、胃部不快感の解消。

⚪︎口臭予防…フラン類がにんにくなどの匂いも分解してくれます。

⚪︎コレステロール値の低下…ニコチン酸がコレステロール値を下げ、飲み続けることで善玉コレステロールを増やします。=心筋梗塞などの予防

⚪︎肝硬変予防=肝炎、肝がんの予防


などなど。

たくさんの効果効能があります☕️✨



特に肝硬変のリスクを下げることに関しては、

『1日1杯以上コーヒーを飲む人は、肝硬変の発症リスクを20%も減少させる』

ということが研究でわかっています。

お酒の好きな方は、毎日飲んだ方がいいですね☕️



抑うつ効果もありますが、逆にうつ症状を悪化させることもあります。

睡眠障害やパニック発作、うつなどいわゆる心の健康です。

その鍵のひとつが、"セロトニン"です。

セロトニンはノルアドレナリとドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質です。

"幸せホルモン"とも呼ばれています。

セロトニンはこのノルアドレナリとドーパミンを調節する働きがあり、心のバランスを保つ役割をしています。

すなわち心のバランスにはセロトニンを増やすことが大切です。


コーヒーに含まれるカフェインはセロトニンを減少させたり、アドレナリンの分泌促進効果があります。

それによって覚醒効果もあり、眠気なども控えられるのですが、バランスが崩れている時には、逆に興奮やイラつきなど精神的に不安定になる可能性があるのです。

また、抗うつ剤などの効果も薄れるので内服薬のある方は注意が必要です。

でもこれは摂りすぎた場合ですので、適度なコーヒーは大丈夫です♪


ハーバード公衆衛生大学院の研究チームによると、1日2〜4杯コーヒーを飲むと自殺の危険性を50%も減らすということがわかったそうです。



わたしも以前はお茶代わりにコーヒーを片手に仕事をしたり。

一日中飲んでいましたが、メリット・デメリットを勉強してからは2杯/日くらいを心がけています☕️☕️



適度な量のコーヒーは、身体とこころの栄養になります✨

適度に飲んで、身体もこころも美しく





では、また。

みなさまが素敵な夢を見れますように。。。

地球上に愛が溢れますように。。。


あいにくのお天気でしたが、雨の日の海もまた素敵です🏝